e-たねや

家庭菜園、ガーデニング、園芸用の種販売
野菜種、花種、野菜の種
ハーブ種、種子販売・通販

 

商品カテゴリ

トップページ»  果菜類種子»  【野菜の種】【とうもろこし 種】みわくのコーン ゴールドラッシュ (サカタのタネ) 小袋(200粒)

【野菜の種】【とうもろこし 種】みわくのコーン ゴールドラッシュ (サカタのタネ) 小袋(200粒)

先端不稔が少なく、2Lサイズが安定して収穫できる、高品質イエロー種

  • 【野菜の種】【とうもろこし 種】みわくのコーン ゴールドラッシュ (サカタのタネ) 小袋(200粒)

  • 販売価格

    594円(税込)

  • 購入数

カートに入れる(大)
  • 【特長】
    高品質で食味は極上、生で食べられるほど皮のやわらかい黄色のトウモロコシです。大きな穂にツヤのある粒がきれいに並び、先端までしっかりと実がつきます。

    【栽培環境・土づくり】
    タネまきの2週間ほど前に1?当たり苦土石灰約150g、1週間ほど前に完熟堆肥約3kg、有機配合肥料約120gを施し、株間30cm、うね間80cmを目安として畑をつくります。株数が少なかったり、1列につくったりすると、不稔が出やすくなります。2列以上で計10株以上を栽培するとよいです。

    【タネまき・植えつけ】
    ソメイヨシノの開花頃(十分暖かくなって晩霜の危険がなくなったころ)から2か月程度が露地マルチ栽培でのタネまき適期となります。1か所当たり3‐5粒ずつ、深さ2‐3cmに直まきにします。本葉が5‐6枚になるまでに、生育のよすぎる苗、悪い苗を間引いて1本にします。間引きは根を傷めないようにハサミなどを用いて行います。

    【管理のポイント】
    地温が低いと発芽が悪くなるので、発芽適温(地温)25‐30℃でタネまきします。生育初期は肥料焼けしやすいので、元肥が多肥にならないようにします。間引きの時期(本葉5‐6枚)と雄穂が出る直前の2回、即効性のある化成肥料で追肥します。青果用のトウモロコシは乾燥に弱く、過湿にも強くありません。水はけと水もちのよい畑で栽培します。雌穂の出穂期から約1か月からは急激に伸長し、多くの水分を必要とするので、敷きワラなどを株元に敷いて乾燥を防ぎ、うね間にたっぷり水やりします。

    【病害虫・生理障害 】
    高温・多湿条件ではピシウム腰折れ、紋枯れ、倒伏細菌病などの病害が発生することがあります。水はけをよくするなど栽培環境を整え、適期にタネまきを行い予防します。アワノメイガ、アブラムシ、ネキリムシなどの害虫が発生るすることがあります。発生前から定期的な防除を行うことが大切です。カラス、スズメ、ムクドリなどの鳥害はネットを張って防ぎます。

    【収穫・保存・利用 】
    絹糸(雌花)抽出後22‐24日目ごろを収穫の目安とします。先端の皮を少しめっくってみて粒が色づいていたら収穫の適期です。気温の低い早朝に収穫し、できるだけ早く食べた方が味がよいです。たくさん収穫できて保存しておきたいときは、粒を包丁でそいで冷凍しておくと味が落ちません。収穫が遅れると皮がかたく、甘みが少なくなるので注意します。沸騰したお湯または電子レンジで7‐8分調理します。
    収穫適期のサイン
    ?先端部の粒と粒の間に隙間がなくなる
    ?粒の黄色が全体に回る
    ?先端の肩がやや張ってくる
    ?粒表面は滑らかな状態
    過熟のサイン
    ?粒が膨らみすぎ、表面がゴツゴツしてきて、粒列が乱れやすくなる
    ?粒の黄色が濃くなりすぎ、透明感がなくなる
  • みわくのコーン ゴールドラッシュ 栽培暦※時期によっては取り扱いのない場合があります。

関連商品