e-たねや

家庭菜園、ガーデニング、園芸用の種販売
野菜種、花種、野菜の種
ハーブ種、種子販売・通販

 

商品カテゴリ

トップページ»  葉菜類種子»  カリフラワー»  ミニカリフラワー種子 サカタのタネ 美星(みせい)小袋

ミニカリフラワー種子 サカタのタネ 美星(みせい)小袋

コンパクトで密植のできる早生カリフラワー
【ミニカリフラワー】 美星(みせい) (サカタのタネ)
【特長】
コンパクトで密植のできる早生カリフラワーです。生育力があり、葉が花蕾を包むように育つため、花蕾はきめが細かく純白です。重さ350gくらいの使いきりサイズで生食にも適します。
 【栽培環境】
カリフラワーは湿害に弱い作物なので、水はけのよい畑を選びます。植えつけの2週間ほど前に1当たり苦土石灰100~150g、1週間ほど前に完熟堆肥2kg、有機配合肥料100gを目安に施します。
 【タネまき~植えつけ】
128穴のセルトレーに1~2粒ずつまき、本葉1.5枚程度の時期に1本立ちにします。セルトレーでは肥料切れなどで老化苗になりやすいので、あまり大きな苗にしないほうがよいです。育苗箱にま場合は、10cm間隔でスジまきにし、本葉2枚で苗床に植え替えます。植えつける本数が少なくて直接ポリ鉢にまく場合は、本葉2枚で1本に間引きます。本葉が4~5枚になったころにうね間60cm、株間25~30cmを目安として畑に植えつけます。通常のカリフラワーより密植して植えつけます。
 【管理のポイント】
追肥は本葉8~10枚のころと花蕾のできる直前に、1当たり20gを目安に施します。窒素分の多用は葉ばかり繁茂し、花蕾のゆるみ、品質低下を招きやすいので、リン酸・カリ分もバランスよく施して、がっちりした株にします。
 【病害虫・生理障害】
生育初期にアオムシやコナガに葉を食べられると、十分に株が大きくならず、よい花蕾が収穫できないので、早めに防除することが重要です。立枯病や黒腐病などが発生した場合は、周りに広がる可能性があるので、早めに抜いて処理します。
 【収穫・保存・利用】
花蕾に日光が当たると黄色くなり、光沢もなくなります。外葉を結束するか、葉2~3枚を折り込んで、光を遮断することによって、純白な花蕾に仕上げることができます。植えつけてから70日前後が収穫の目安です。収穫適期を逃がさないようにします。直径10cm前後で収穫するとみずみずしくて美味しく、生食にも向きます。シチューなどの定番料理のほか、すき焼き、てんぷら、キムチ漬けなど、和洋中すべてによく合います。
 【栽培歴】
 ※時期によっては取り扱いのない場合があります。
メーカー品切れの場合は、おってご連絡いたします。ご了承くださいませ。

  • ミニカリフラワー種子 サカタのタネ 美星(みせい)小袋

  • 販売価格

    432円(税込)

在庫切れボタン

関連商品